内容と資格について | 心を救う心理カウンセラーになるには【心119番】

内容と資格について

公式な図面となる土地家屋調査士が作成した図面

土地家屋調査士は土地や家屋の調査測量をし、所有者に代わり登記の申請を行います。土地は一筆一筆それぞれ地番と地目、面積が測量されておりそれは登記簿として登記所に保管されています。主に登記所は法務局の中に入っており各地の法務局にいけばその管内の土地の登記簿や図面などがみられるようになっています。また建物も法務局に登記されておりその図面は公図として地方税である固定資産税の評価基準になったり、公共工事などで正式な図面として利用されています。 また家の新築時や改装時の調査、測量、登記申請もなども土地家屋調査士の仕事の一つです。主に建物新築にかかる登記申請で不動産屋さんが委託することが多い様です。またこの資格を取り独立開業している人もたくさんいます。

資格はどうやって取るの

土地家屋調査士は測量ができなくてはなりません。この測量によってその不動産の面積を出さなくてはなりません。重要な仕事です。またこの資格も一次と二次の試験に別れ、一次試験はこの測量に関するもの二次試験は関係法令に関するものです。年に一回各都市で行われています。一次試験の測量に関するものですが測量の資格である測量士あるいは測量士補の資格を持っていれば一次試験は免除され二次試験のみで合否判定されます。 ほとんどの受験者は一次試験が免除される測量士補の資格を取ってから、土地家屋調査士試験に臨んでいます。またこの測量士補の試験も各地で年一回行われ、五者択一の選択方式の試験問題です。主に測量にかかる計算問題が多く出題されます。

TestSite.com MENU

Design by Megapx  Template by sozai-dx.com
Copyright (C)2015 心を救う心理カウンセラーになるには【心119番】 All Rights Reserved.