試験に必要なことは? | 心を救う心理カウンセラーになるには【心119番】

試験に必要なことは?

資格取得のための試験と費用

土地家屋調査士の資格を取得するには、専門となる土地家屋調査士試験に合格することでなれます。筆記試験と口述試験に分かれています。筆記試験は年1回8月の第3日曜日に行います。筆記試験は午前と午後に分かれています。午前は測量に関する問題と作図問題、午後は土地家屋調査士法や不動産登記法、さらに民法など法律に関する問題が選択式及び書式問題として出題されます。筆記試験の合格者は、11月頃に行われる口述試験を受けます。測量士や建築士などの試験を持っている人であれば、午前の部は免除されます。土地家屋調査士の資格取得にかかる費用としては、独学でも学ぶことができますがかなり難しいので通信教育などで資格習得を目指すことが一般的です。その際の費用は約8万円くらいかかります。また、資格を取得してから土地家屋調査士として登録するのにも約2万5千円くらいかかることを留意します。

土地家屋調査士が果たす重要な役割

土地家屋調査士は、簡単に書くと顧客から所有する土地や家屋の価値を知りたいという場合に地形は利用状況などを測量するのが第一の仕事です。そして測量して記録したデータをもとに作図を行い、不動産登記を行います。そうすることで不動産の安全性を確保する役割があります。土地家屋調査士は非常に公益性が高い職種の一つとなります。不動産登記を行ったデータはもしも何らかの紛争が起きてしまった場合に左右される重要な記録物ですので、非常に重大な役割があります。特に土地の境界に関する紛争のときに関わってきます。土地家屋調査士の年収は400万円から600万円くらいが一定の基準となります。利益を出している人ならそれ以上見込め、2,000万円以上稼いでいる人もいます。

TestSite.com MENU

Design by Megapx  Template by sozai-dx.com
Copyright (C)2015 心を救う心理カウンセラーになるには【心119番】 All Rights Reserved.